Home>人気記事>知っておこう!盗聴調査費用と偽装方法とは?

知っておこう!盗聴調査費用と偽装方法とは?

男性

業者にお願いする場合の費用はいくら?

最近では、盗聴器発見業者の需要が高まっています。テレビ番組でも取り上げられるようになっている為、盗聴器の怖さや、実際に盗聴器が世の中にどの位流通しているのかが周りに知られ始めているからかもしれません。その為、最近では、引越し業者のサービスにも盗聴器発見調査を行っている所もあります。昔は盗聴器が仕掛けられているの事が多いのは、新築の物件よりも賃貸住宅の方が多いと思われていました。しかし最近では、建築中に盗聴器が仕掛けられていて、住み始めたらその存在に気付いたというケースもあり、盗聴器が仕掛けられる可能性はどこにでもあるのです。盗聴調査を行う場合、費用はどのくらいかかるのでしょうか?普段利用する事が滅多にない分知らない人も多いと思います。料金の設定額は業者によって違います。また、調査内容も業者によって違います。一般的に盗聴調査を行う場合の料金相場は20,000~120,000円前後になります。

調査員

盗聴器を仕掛ける盗聴犯の理由と手口

盗聴器は、盗聴者が明確な意思を持って人の会話や一般的には聞くことのできない内容などを盗聴する時に設置されることが多いです。自分の知らない所で会話の内容を聞かれているのは誰が聞いても良い気持ちはしません。なぜこのような行為をしてしまうのでしょう。盗聴には様々な理由があります。盗聴の目的の中で大きく取り上げられるのはストーキング目的によるものです。映画やドラマでよく目にすると思いますが、好きな相手に好意が届かずそれでも相手の私生活を覗きたい、知りたいという気持ちが盗聴へとつながるようです。

調査員

盗聴器はどれに偽装されている?

最近では、盗聴器も時代に合わせて分かりにくくなっています。特に多く偽装されているのが、コンセントタップです。一見する分かりませんが、盗聴器はコンセントタップの中に仕掛けられているのです。なぜこのタイプが多いのかというと、コンセントタップは電源供給が必要ないからです。コンセントタップについているプラグをコンセントに指すので、電気を供給しついでに盗聴した音声を送る事ができるからです。他にも、最近では、ボールペンのような文房具に偽装している盗聴器もあります。